スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空

海くんの死をカナリーヌは
(海くんネットワーク)で可愛がってくれたみなさんへ・・・・
するとみなさんが、続々と海くんの弔問に訪れてくれました!
お友達のみんな、わん・ゲル部のとんちゃん、ナンチママ、ノリピーとお友達
みんな泣きながら、海くんの死を悼んでくれました。

09082006.jpg

来られない人からは弔電が次々と届きます。

こんなに沢山の人に愛されていた海くん

最後の親子川の字で、カナリーヌとユピーは海くんを抱きしめながら思い出をポツリポツリ噛み締めました。

葬儀は動物専門の霊園「天使の里」で執り行なうことに決めていました。
海くんの亡骸をPATに収め、出発の用意をしていると

09082008.jpg

公園仲間のみなさんが・・・
0908208.jpg

みなさんの心使いがありがたく
悲しみの涙とうれし涙がとまらないカナリーヌ

天使の里では、海くんの葬儀と火葬そして埋葬
すべて人間と同じ手順、同じしめやかさで進められます。

09082007.jpg


火葬炉に海くんを入れる時には「やっぱり焼かない!このまま連れて帰ります!!」と大騒ぎしたカナリーヌも
青空に一直線に昇る煙を見て、やっと諦めがつきました。
「海くーん!まっすぐ登りなさい!!一番高い所を目指すんだよー!今度逢う時はまた親子になろうね!
海くん、お母さんに幸せをありがとう」

海くんは一番似合う海の青、空の青のブルーの洋服を着てお空に登りました。
その胸にはみんなからもらったたくさんの愛を抱いて。

≪ 最後の鼓動ホームふくろふノ湯 ≫

Comment

初七日

そうだったんですかアリスちゃんも…。
アリスちゃんは海よりご長寿さんでしたよね? その分さらに寂しさが募りますね。 海を亡くして体の一部がもぎ取られるというのを初めて知りました。
みなさんに海が幸せなわんこと言っていただく言葉にすがっています。
(もっとゆったりと過ごさせてあげたら…もっと精神的に強く育てていたら…もっと…)そんな後悔に押しつぶされそうな私をみなさんが救ってくれています。ありがとうございます。

去年の1月に白老岳でお会いした小梅です。
謹んでお悔やみ申し上げます。
海くんと同じ病気だったアリスも去年6月に旅立ちました。
色々な事を思い出し、涙しています。
きっと海くんも病気から解放されて,元気にかけっこしていると思います。
そしてカナリーヌさんとユピーさんを見守らなくちゃ!と張り切っていると思います。 
ステキなhpを見せてくれて、海くんありがとう!

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。