スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝梅温泉…

20081118145244
20081118145242
20081118145240
20081118145238
20081118145235
先日、千歳のひなび系温泉(名前忘れちゃいました)に行ってその質泉の良さに目覚めたカナリーヌ。
今日もユピーにここ「祝梅温泉」というまさに秘湯(?)現地の方々しか知らないでしょ! という温泉を探してもらいました。
リアルタイムのブログアップですよ~! お湯の中からこんにちは!
場所はカナリーヌにはさっぱり?? 多分空港のかなり近くで自衛隊の駐屯地があります。
細い路地の巨大ボーリングピンを目印にかなり怪しい民家?
なんでも最近火事で焼けたのを復活させたらしいのですが…。
普通に民家の玄関を入ると、普通におばぁさんがソファーに腰掛けTVを観ています。卓袱台 冷蔵庫 台所…本当にお茶の間で。
慌てて「間違えました~!」ときびすを返してはいけません。 ユピーは堂々と「はいっ二人分600円」とおばぁさんに差し出しました。 おばぁさんは普通~に「はいよ」とTVの画面から目を逸らさず手を出します。
お茶の間に並んだドア、どうやらここが温泉? 恐る恐る入ると意外にも綺麗な広い脱衣場、畳敷きのスペースもあり真ん中の階段を下りると浴室です。
こちらも意外な事に大きな浴槽から珈琲色のお湯が溢れていました。
大きな窓から覗く裏の池には間違いなく夏にはカエルの合唱が響き渡るはず。
先日の温泉に比べるとややアメリカンなコーヒー色ですがツルツル加減が最高!
さぁって、のんびり読書といきまーす!!

≪ 特訓中ホームデカイチゴケーキ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。