スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「父を尋ねて・・・」武華岳編

大雪国道の広いパーキングで車中泊したカナリーヌと海くん。
目覚めると大きな牡鹿が車を覗き込んでいました。
「あら?おはよう!」と挨拶すると、プリプリのお尻を見せながら、跳ねていきます。
(おかぁしゃん?あの鹿さんも愛想なしさんでしゅね!)

今朝も昨日に引き続き抜けるような青空。
「武華岳」は先週登った「武利岳」のお隣の山です。
「今日は少しんのんびり歩こうね!」とトコトコ歩き始めます。
08092106.jpg

まだあまり人も入っていないのか、山頂近くまでどなたにも会いません。
「わぁ~見て!海くん、凄い楽しそうな滑り台!」
08092107.jpg

カナリーヌが歓声をあげて覗き込んでいます。
(ダメでしゅよ!あんな長い滑り台、怪我しましゅからね!)
海くんがプンプン。
1時間足らずで稜線へ上がると
「あれ?また会ったね!」上で休んでいた方が。
どうやら昨日のニセカウでお会いしていたようです。
「こちらから見る大雪はまた違う表情ですねー!」
お先に山頂を目指します。
素晴らしい景色だとつい早足になるカナリーヌ
1時間半足らずで山頂に着きました。
08092110.jpg
こちらは昨日より更に紅葉が進んでいるようです。
08092109.jpg

そして昨日より更に大雪が近く感じますね!
(あれ?おかぁしゃん、ここにもおとうしゃんはいません・・・。)
「ゴメンネ!あのね、実は海くんは行けないお山でお父さんは頑張ってるの。
でも海くんの気持ちはあそこにいるお父さんにちゃんと伝わっているからね!」
(おとうしゃーん!ボク、病気にも負けないでこんなに元気でしゅよー!早く帰って来てねー!!)

(さっおかぁしゃん、おうちでおとうしゃんを待ってましょう!)
相変わらず、すれ違う登山者さんを無視しながら海くんはトコトコ下山開始。
カナリーヌは二人分挨拶しながら山頂を後にしました。
08092108.jpg

≪ 「父を尋ねて三千里」~ニセイカウシュペ編ホーム満喫登山・扇沼山 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。